スポンサーリンク

【天方城】の駐車場や、主郭の内堀、二の曲輪の外堀などの見どころを紹介!

お城

お城の紹介をします。

静岡県周智郡森町の天方城です。

1394年~1428年の間に、山内氏の居城として遠州森町の標高250mの城山に築かれた山城です。

戦国時代になると、天方通興が城主となり今川氏の武将として活躍していました。

しかし、今川義元が桶狭間の戦いで織田信長により討ち死にとなると、遠州に徳川家康が侵攻してきました。

徳川家康が浜松まで進出しても天方氏は徳川に従わなかった為、1569年には徳川勢が天方城を攻撃し、落城、降伏しました。

1570年には天方氏は徳川氏の命令に従わずに、兵を集め天方城に籠もった為、再度徳川勢に攻撃され降伏する事になります。

1572年には武田信玄の大軍が侵攻してきた為、天方氏は戦わずして降伏してしまいます。

信玄は久野忠宗と天方氏を天方城の守将としました。1573年に武田氏と徳川氏による天方城の攻防戦が行われ、徳川氏の支配する所となりました。

現在では、主郭の内堀や二の曲輪の外堀が良好に残されており、城址からは森町を見渡す事のできる眺望となっています。

スポンサーリンク

天方城・基本情報、アクセス

所在地:〒437-0212 静岡県周智郡森町向天方

城 主:山内氏、天方氏

形 式:山城

文化財史跡:町指定史跡

日本100名城スタンプ場所:該当無し

天方城・駐車場

駐車場

天方城のある城山を登っていくと天方城、城ヶ平公園の駐車場があります。

20台ほど駐められる無料の駐車場で、トイレも完備しています。

ここまで来る山道は道幅が車1台分の所が多く、対向車が来ると立ち往生してしまいます。

所々にすれ違い用の待避場所はあります。

天方城・縄張り

天方城縄張り(現地案内板より)

天方城は標高250mの山頂部に築かれた山城です。

主郭を中心に土塁と内堀で隔てられた北側に、二の曲輪があります。

二の曲輪の外周には外堀が築かれ、西側には竪堀も築かれ防備を固めています。

天方城・二の曲輪

二の曲輪

駐車場の隣が二の曲輪です。

二の曲輪は主郭の北側に位置していて、主郭より一回り小さい曲輪となっています。

外堀

外堀

二の曲輪の外周には外堀が築かれています。

外堀は深さ1m、幅3m程で長さは10m以上に渡っています。

当時の外堀はもっと深く、急であったと思われます。現在では堀跡が少し分かる位です。

天方城・主郭

土橋(北側)

主郭への土橋

二の曲輪と主郭に架かる土橋です。

土橋は人ひとり通れる程の道幅で、両側は内堀が築かれています。

内堀と土塁

内堀と土塁

土橋から見た内堀と主郭の土塁です。

内堀は深さは、土塁の頂部から堀の底面までだと5mはあるかと思います。

堀幅は2~3mあり、二の曲輪よりも主郭側の土塁が高くなっている為、強力な防御機構となっています。

内堀と土塁

主郭の東側から見た内堀と土塁です。

やはり土塁が高く、内堀の深いので圧巻です。天方城の一番の見どころとなっています。

土塁と内堀は弧を描いていて、遺構が良好に残されているのが良いです。

天方城・主郭

主郭

天方城の中心部に主郭があります。

主郭は南北50m、東西100mほどあり、二の曲輪より二回り大きい曲輪で、天方城の主要部です。

外周には内堀が築かれ、元々の大手口は南東にありました。

天方城石碑

主郭は現在城ヶ平公園として整備され芝生が植えられています。

主郭の中心部には、天方城の石碑が建てられています。

主郭西側の内堀

主郭西側の内堀です。

こちらの内堀は二の曲輪に面している内堀よりは、浅くなっていますが、堀のあとは充分に分かります。

天方城・展望台

土橋(西側)

土橋

主郭の西側には土橋が築かれています。

土橋の両側には内堀が築かれ、主郭の虎口が形成されています。

竪堀

竪堀

土橋の先には竪堀が築かれています。

規模は小さいですが、現在でも堀の跡がうっすらとあることが分かります。

注意深く見ないと見逃してしまう遺構です。

展望台

主郭の西側の土橋の先には展望台があります。

しっかりと建てられた立派な展望台で、ちょとした櫓のようにも見えなくもないです。

展望台からの景色

展望台に登ると前方の視界が開けていて、景色を楽しむ事ができます。

展望台からは、遠州の小京都と云われる森町一望する事ができます。

改めて天方城が、山の頂上の天然の要害に築かれていることを実感します。

最後に

主郭東側の内堀と土塁

天方城は、主郭外周に築かれた内堀と土塁が見どころの山城です。

内堀と土塁の高低差は高く迫力があります。また、展望台からは森町を一望する事ができ、爽快感があるので、一度訪れる価値はあります。

天方城のウェブサイト

17 森町の城郭|静岡県森町
森町の山城(やまじろ)をめぐる戦いは1501年(文亀元年)の天方本城(あまがたほんじょう)(大鳥居)に始まる。城を守ったのは今川方の天方通季(みちすえ)軍、攻めたのは斯波(しば)・小笠原連合軍。通季は一時、城を奪われ、付近の山上に避難し、今川軍本隊の応援によってようやく城を奪還(だっかん)することができた。通季の孫にあ...

静岡県のオススメのお城

 【静岡県・掛川城】現存する二の丸御殿と木造再建された天守のあるお城

コメント

タイトルとURLをコピーしました