スポンサーリンク

郡上八幡城の紅葉や天守閣、隅櫓などの見どころを紹介!

お城

岐阜県郡上市の郡上八幡城です。

1566年に郡上を治めた遠藤慶隆が築いた事に始まります。

1588年に遠藤氏は織田信孝に味方していた為、豊臣秀吉に左遷され稲葉貞通が城主となりました。

稲葉氏の時に本丸に天守台、二の丸を増築し居館とし、麓に堀を巡らすなど大規模な改修を行います。

1600年の関ヶ原の戦いで遠藤慶隆が東軍に味方すると、再び郡上八幡城の城主となります。

その後は、遠藤氏が5代、井上氏2代、金森氏3代、青山氏7代と続き明治維新を迎えました。

1933年には全国的にも珍しい、木造による模擬天守閣の再建が行われました。

現在でも山頂に日本最古となる木造模擬天守閣があり、紅葉のシーズンには天守閣が紅く彩られ、絶景を楽しむことができます。

スポンサーリンク

郡上八幡城・基本情報、アクセス

所在地:〒501-4214 岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659

城 主:遠藤氏、稲葉氏、井上氏、金森氏、青山氏

形 式:山城

文化財史跡:県指定史跡、市指定有形文化財1件

続日本100名城スタンプ場所:郡上八幡城一階

郡上八幡城・駐車場

郡上八幡城の山頂と山麓に駐車場があります。

両方とも無料ですが、それぞれ20台と13台しか駐められない小さな駐車場です。

午前の早い時間帯に訪れるか、有料になりますが城下町にある郡上八幡博覧館(60台)に駐車するのが良いでしょう。

郡上八幡城・山麓部~中腹部

天守閣(麓から見る)

麓から見る、天守閣

麓にある城山公園駐車場付近から、天守閣が見えます。

木々の隙間に見える天守閣が、ワクワク感を高めます。

石垣

登城道の石垣

駐車場から天守閣へ向けて歩いて行くと、石垣が見えて来ます。

山の斜面に築かれた石垣が、山城特有の雰囲気が伝わって来ます。

登城道の紅葉

登城道の途中には紅葉があります。

真っ赤な紅葉と青空、石垣の組み合わせが爽快です。

このような景色の中を散歩するとストレス発散できて、気持ちが良いです。

天守閣と紅葉

郡上八幡城天守閣と紅葉

登城道を登っていくと開けた場所に辿り着きます。

ここからは天守閣や櫓を一望する事ができます。

天守閣と紅葉と青空で絶景の一言です。

郡上八幡城の一番のビュースポットで、たくさんの人が足を止めて、写真を撮っています。

力石

力石

絶景スポットの近くには、力石と云う石があります。

1667年に、城主である遠藤氏がお城の修理の為に人夫を集めました。

その中の作兵衛という者が、この力石を背負って河原からここまで運びました。

奉行が作兵衛の力を湛えると、作兵衛は力尽きてしまいました。

奉行が哀れに思い、力石を使用するのを禁じましたが、その後1933年に力石が草むらに捨てられていたのを、この地に石碑として現在まで安置されています。

隅櫓(南側)

再建された隅櫓

力石のそばからは隅櫓が見えます。

隅櫓は1段上にあるので、早速登りたいと思います。

天守閣と隅櫓

1段上ると隅櫓はもちろん、天守閣も見れます。

石垣に沿って天守閣、土塀、隅櫓が並んでいるので、迫力があります。

ここも郡上八幡城のビュースポットですね。

南側の隅櫓

隅櫓の手前の道を行くと、入場券の発券所があります。

隅櫓は再建された模擬櫓で、窓の形が縦長で独特で面白いです。

隅櫓(北側)

北側の隅櫓

お城の北側に行くとこちらにも隅櫓があります。

左手に隅櫓、右手は土塀があり、紅葉の落ち葉が一面にあるので、風情があります。

天守閣(北側から見た)

北側から見た、天守閣

隅櫓横を通り抜けると小さな曲輪があり、天守閣の北側が見えます。

一重目の屋根の上にある、比翼千鳥破風が横に並んでいるのが、かわいい感じがします。

隅櫓横の通路

先ほどの道を振り返ると、紅葉と落ち葉で一面オレンジ色です。

非日常が感じられ、リフレッシュできます。

隅櫓と天守閣

先ほどの曲輪から一段降りると、隅櫓と天守閣が並んで見ることができます。

秋なので木の枝の隙間から天守閣が見えますが、春夏になると緑に生い茂って見えないかも知れません。

石垣

北側の苔生した石垣

北側駐車場近くの石垣です。

石垣が段々に積まれていて、表面には苔が生えているので、情緒があります。

野面積みか打込接ぎと思われますが、綺麗に積まれていて迫力があります。

隅櫓(南側)北側から見た

南側隅櫓と紅葉

お城の北東から見る隅櫓は壮観です。

山の頂上の石垣の上に隅櫓が建ち、その周りを紅葉で埋め尽くされています。

郡上八幡城は、秋の紅葉シーズンに来るのが一番良いかと思います。

このようなお城の景色は、全国でもごくわずかではないでしょうか。

景色

入城券売所からの景色

入城券売所の近くからは、城下町を一望する事ができます。

山間の谷間に町並みが広がり、近くの紅葉が彩り絶景です。

郡上八幡城・山頂部

虎口

天守閣への虎口

券売所で料金を払い左手に行くと、天守閣のある本丸の入口です。

両側が土塀で挟まれていて、奥には櫓門があります。

史実に忠実に復元されているかは分かりませんが、厳重な造りになっていて、お城特有の迫力がありますね。

【郡上八幡城】

所在地:〒501-4214 岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659

開館時間:9:00~17:00・夏期(6月~8月)8:00~18:00・冬期(11月~2月)9:00~16:30

入館料:大人(高校生以上)320円・小人(小中学生)150円

休館日:12月20日~1月10日

ウェブサイト:https://hachiman-castle.com/#home

天守閣

木造で再建された天守閣

本丸には郡上八幡城天守閣があります。

郡上八幡城の天守閣は、1933年に日本最古の木造で建てられた天守閣です。

当時の天守は三重でしたが、四重の天守閣として再建されています。

鉄筋コンクリートとは違い木造再建なので、内部はなかなか良い雰囲気です。

景色

天守閣からの景色

天守閣からも城下町を一望できます。

城下には吉田川が流れ、山々には所々に紅葉していて絶景です。

まとめ

城下町から見る、天守閣

郡上八幡城は建物は近年に再建された模擬天守閣や櫓ですが、紅葉との組み合わせが絶景です。

紅葉のシーズンを狙って訪れるのがオススメです。

また、城下町には資料館もあり、風情のある町並みを散策するのも良いかと思います。

郡上八幡城ウェブサイト

 https://hachiman-castle.com/#home

岐阜県のオススメのお城

 【岐阜県・苗木城】標高432mの山頂に築かれた、ミニマチュピチュの様な山城

コメント

タイトルとURLをコピーしました