スポンサーリンク

【滋賀県・玄蕃尾城】柴田勝家が羽柴秀吉との戦いに備えて築いた陣城

お城

お城を紹介します。

滋賀県と福井県の県境にある、玄蕃尾城です。

1582年に柴田勝家が、羽柴秀吉との賤ヶ岳の戦いに備えて築かれた陣城です。

北国街道を見下ろす、内中尾山の山頂に築かれた山城で、柴田勝家の本陣が置かれました。

周辺には行市山砦などの付城を築き、秀吉との決戦に備えました。

秀吉が大垣に出陣した隙をついて、柴田軍の佐久間盛政が秀吉軍の大岩山砦を守る中川清秀を急襲し、陥落させました。

大岩山砦の陥落を知った秀吉が美濃大返しと呼ばれる、驚異のスピードで賤ヶ岳に戻り、柴田軍を攻撃し、柴田軍が敗れました。

現在でも、土造りの堀や土塁、曲輪跡が良好に残り、合戦の緊迫感のある陣城を見ることができます。

玄蕃尾城

所在地:滋賀県長浜市余呉町柳ヶ瀬地先・福井県敦賀市刀根

城 主:柴田氏

続日本100名城:林道突き当たり車止め見学受付ポスト・余呉湖観光館

玄蕃尾城の麓の柳ヶ瀬トンネル前の林道を登って行くと、無料駐車場があります。

10台ほど駐められますが、道が狭い上に、冬期には封鎖されるので要注意です。

登城道

駐車場から山道を登って行くと、分かれ道に出ます。

左へ行くと玄蕃尾城です。

距離はそこまで長くないですが、道が急で春夏には熊が出没するらしいので、登山用の装備で行くと良いでしょう。

大手虎口横の堀

玄蕃尾城の南側の入口、虎口です。

虎口の横には堀があり、道が狭められています。

堀はそのまま山の斜面へと流れていて、竪堀のようになっています。

南虎口

大手虎口の先には南虎口があります。

虎口の両側が土塁になっていて、敵の侵入を防ぐようになっています。

東虎口

南虎口の近くには、東虎口があります。

東虎口の先を見ると、郭の周りは土塁で囲まれていることが分かります。

虎口郭

東虎口の先には、虎口郭があります。

大きな郭になっていて、城兵が集結し出撃できるようになっています。

本丸南側の馬出

虎口郭の先には馬出があります。

馬出は虎口の先に設けられる郭で、郭の入口を守る役割と、馬出に城兵が集まり、出撃する反撃の役割もあります。

本丸の直前に設けられていて、更に先ほどの虎口郭が馬出の機能を持っていて、二重の馬出になっており、厳重な縄張りになっています。

本丸南側の虎口

馬出の先には本丸の虎口があります。

虎口は両側が堀になっていて、中央が土橋になっています。

本丸を囲っている土塁も高く、良好に残されています。

本丸虎口横の堀

本丸虎口横の堀です。

深さが2m程の空堀で、迫力があります。

本丸側の土塁から見ると、4m程はあるでしょうか。

これだけの深さがあれば敵の侵入を防ぐ事ができますね。

本丸

玄蕃尾城の中心に本丸があります。

本丸はかなり大きな郭になっていて、土塁に囲まれています。

天守台

本丸の北東には天守台があります。

1m程の高くなっていて、調査により礎石があることが分かっています。

実際に天守に相当する櫓などの建物が建っていたと思われます。

本丸北側の虎口

本丸北側の虎口です。

こちらの虎口も両側が土塁が造られ、敵の侵入を防いでいます。

本丸南側同様に、北側にも馬出が設けられています。

本丸北側の馬出虎口

本丸北側の馬出虎口です。

馬出は土塁と堀で囲まれ、入口は土橋になっています。

馬出に入る道が左に折れていて、馬出の道の側面まで張り出しているので、敵を側面攻撃できるようになっています。

本丸北側の馬出虎口は縄張りが技巧的で、土塁と空堀が良好に残っているので、迫力があり見応えがあります。

搦手郭

本丸北側の馬出の先には搦手郭があります。

本丸と同等の広さがある、大きな郭です。

搦手郭も土塁と堀で囲まれていて、防御に抜かりはないです。

北虎口

搦手口の先には、北虎口があります。

少し低いですが、入口が両側が土塁で狭められています。

北虎口の堀

北虎口横の堀です。

堀は良好に残されています。

張出郭

本丸の東側には張出郭があります。

張出郭は玄蕃尾城の東側に張り出していて、本丸東側防御と物見の役割を担っています。

腰郭

本丸と張出郭の南側には、腰郭があります。

本丸南東の防御と、各曲輪を連結する郭です。

腰郭付近の土塁

腰郭付近の土塁です。

土塁がクネクネと折れ曲がっていて、複雑な縄張りになっています。

迷路のようになっていて面白いです。

本丸からの景色

玄蕃尾城は山の山頂に築かれていて、人の手つかずになっている為、土造りの堀、土塁、郭跡が良好に残されています。

土造りのお城としては、杉山城に匹敵するほどで、非常に見応えがあります。

秀吉との合戦に備えて築かれた一時的なお城ですが、これだけの規模のものを築城してしまう所に、緊迫感が伝わってきます。

玄蕃尾城の築かれた賤ヶ岳で柴田勝家のターニングポイントになった事を思うと、考え深いお城です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました