スポンサーリンク

【小山城・静岡県】のアクセスや天守閣、三日月堀などの見どころを紹介!

お城

お城の紹介をします。

静岡県榛原郡の小山城(こやまじょう)です。

戦国時代に今川氏が山崎砦を築いた事が、小山城の始まりです。

1568年に武田信玄が山崎の砦を攻略するが、徳川家康は松平真乗に周辺の領地を与え、1570年に山崎の砦を攻略する事に成功します。

1571年には武田信玄が大軍を率いて、山崎の砦を攻略し大熊朝秀を城主とすると、小山城と改名しました。

このころに、小山城は武田氏の大改修が行われ、城郭として整備されました。

武田信玄が無くなると、武田勝頼が跡を引き継ぎますが、長篠の戦いで大敗すると対局が一気に変わり、1582年に甲州征伐が始まると小山城兵は逃げ出し、廃城となりました。

現在では、模擬天守閣が建てられ「展望台小山城」として整備され、武田氏に関する品々が展示されています。

また、丸馬出や三日月堀が整備され、三重堀などの遺構も残されています。

スポンサーリンク

小山城・基本情報、アクセス

所在地:〒421-0303 静岡県榛原郡吉田町片岡2519-1

城 主:大熊氏

形 式:平山城

文化財史跡:なし

日本100名城スタンプ場所:該当無し

小山城の南に吉田町営駐車場があります。

50台以上は駐められる大きな無料駐車場です。

天守閣

駐車場から歩くこと7・8分程で、いきなり天守閣が見えて来ます。

小山城には天守は存在しなかったので、模擬天守閣となります。

小山城・丸馬出、三日月堀

丸馬出と三日月堀と天守閣

天守閣の前面には、丸馬出と三日月堀が復元されています。

諏訪原城のように大規模なものではないですが、綺麗に復元されています。

 【静岡県・諏訪原城】武田氏、徳川氏が築いた巨大な丸馬出が残るお城

天守閣から見た丸馬出、三日月堀、空堀

天守閣から見ると丸馬出、三日月堀の形がよく分かります。

写真右手が本郭なので、本郭の虎口に丸馬出が築かれています。

丸馬出は武田氏の特徴的な築城技術で、虎口の守りを固めると同時に、反撃する為の橋頭堡となります。

写真左手が二の郭で、模擬天守閣は二の郭に建てられています。

小山城・天守閣「展望台小山城」

天守閣

天守閣は三重五階で内部は、「展望台小山城」となっていて、小山城の縄張りの模型や、甲冑、火縄銃などが展示されています。

外観は犬山城と松本城を足して2で割ったような感じです。

天守閣最上階からの景色

天守閣最上階は、展望台となっています。

展望台からは、丸馬出や吉田町の町並みを見る事ができます。

廻縁に出る事ができるので、風が通って気持ちが良いです。

小山城・二の郭

天守閣西側

西側から天守閣を見てみると、石垣と塀が目に入ります。

石垣は近年の整備により築かれたものと思われますが、なかなか迫力があります。

塀には特殊な形の狭間?が切られています。面白いですね。

二の郭と三の郭の堀

二の郭の西側には三の郭があり、空堀で隔てられています。

二の郭側の通路が右に曲げられていて、右手には櫓台が築かれ防備を固めています。

小山城・三の郭、三重堀

三重堀

三の郭には三重堀が残されています。

弧を描いた堀が三重に設けられて、三の郭の防御力をこれでもかと高めています。

三重の堀自体が珍しく、これだけ良好に残されているので、小山城の見どころです。

天守閣

小山城は復元された丸馬出や、現存する三重堀があり、武田氏の築城技術を体感できるお城です。

メジャーなお城とは違って、観光客が多くはないので、のんびり散策するのにオススメです。

展望台小山城ウェブサイト

 http://www.town.yoshida.shizuoka.jp/2350.htm

静岡県のススメのお城

 【静岡県・高天神城】武田氏、徳川氏の争奪戦となった一城別郭の山城

コメント

タイトルとURLをコピーしました